Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c1279511/public_html/obatanamenna.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
TOEIC Part5対策!時間配分や勉強のコツ、参考書を紹介! | marioの雑記

TOEIC Part5対策!時間配分や勉強のコツ、参考書を紹介!

TOEIC Part5とは

TOEICのリーディングは短文穴埋め問題(Part5)、長文穴埋め問題(Part6)、長文読解問題(Part7)といった感じで分類されます。
Part5は30問あり、その中でも品詞問題文法問題単語問題と3種類に分類できます。

文法問題

Ex)A number of customers —– about the lack of parking.

(A)complaining
(B)is complaining
(C)has complained
(D)have complained


Ex)A number of customers —– about the lack of parking.

(A)complaining
(B)is complaining
(C)has complained
(D)have complained

この問題は赤のマーカーで線を引いた部分に注目です。そもそもですが、文というのはS(主語)とV(動詞)が必要ですね。この問題の(A)の場合、現在分詞なのでそもそも述語動詞ではありません。(B)に関しては、A number of customers(主語)に注目して下さい。複数ですので、この時点で本来なら単数形の主語をとる(B)、(C)は消えます。よって、答えはD。

Ex)—– of our colleagues use train to get to work rather than drive.

(A)Almost
(B)Most
(C)Every
(D)Nobody

Ex)—– of our colleagues use train to get to work rather than drive.

(A)Almost
(B)Most
(C)Every

(D)Nobody

このままだと名詞がないので、名詞を選んでやればいいのですが、どれも名詞にみえますね。このofは部分のofで私たちの同僚(全体集合)のほとんど(部分集合)は、、と持っていきたいので、そもそも代名詞を持たない(A)と(B)は消えます。Nobodyに関しては、Nobody of という形はないので注意しましょう。

品詞問題

Ex)Customer reviews indicate that many modern mobile devices are often unnecessarily —–.

(A)complication
(B)complicates
(C)complicate
(D)complicated

Ex)Customer reviews indicate that many modern mobile devices are often unnecessarily —–.
S V S V

(A)complication
(B)complicates
(C)complicate
(D)complicated

https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format/sample05.html TOEIC公式から引用


この問題はまず青のマーカーのthatに注目です。thatは接続詞でSVとSVをつなげますのでthatの前後には赤マーカーのSV黄色マーカーのSVが存在してます。すでにareでVがきてますので(B)、(C)は消えます。副詞の後ろなので(D)が正解です。(A)は名詞です。unnecessarilyは—–を修飾しますので名詞の(A)ではなく(D)が正解。副詞は名詞以外を修飾しますので(A)ではないんです。

語句問題

Ex)To attend a famous class by steeven on monday, You must be reserved online in —–.

(A)short
(B)person
(C)progress
(D)advance

Ex)To attend a famous class by steeven on monday, You must be reserved online in —–.

(A)short
(B)person
(C)progress
(D)advance

選択肢を見たらわかる通り、すべて名詞ですので、この時点で品詞文法ではないことはわかります。異なる意味の名詞が選択肢に並んでいる場合は語句問題です。
この問題の場合、in(前置詞)のあとなので文法上、すべて入りえます。こうなると意味で解くしかないんです。これはinとセットで副詞句と考え、(D)adovanceが正解です。
in short(要するに)、in person(直接会って)、in progress(進行中で)となりすべて副詞句です。

品詞の場合は、complete(形・動)、completion(名詞)、completely(副詞)のように、形が変わるものでしたね。文法の場合は、品詞、語句にあてはまらない問題だと思ってください。

Part5の勉強のコツ、注意点

文法問題(品詞、語句問題以外)の場合、気を付けなければいけないのは、時制、完了形、受動態、関係詞、接続詞がメインです。
この5つを完璧にする場合、分厚い文法書をやり込まないと思うと思いますが、そんな時間なんてない!って方は→TOEIC専用の文法を完璧にするならTOEICスタディサプリ一択です。

また本の方がやりやすい方は、スタディサプリと同じ先生が出してるこちらがおすすめです。関先生はTOEICに関する書籍を何冊も出してますが、TOEIC Part5に関していえばこれが一番分かりやすかったです。何より要点がまとめられすぎてます(笑)。この参考書の薄さが物語っています。

品詞問題の場合、例えば、complicatedとcomplexとcomplexityの違いを説明できますか?ってな感じで同じ意味の単語で品詞も同じってパターンがあります。ここをコンプリートして、あとはlyがつけば99%副詞ですが、例えば、frendly(親切な), costly(高価な), timely(タイミングの良い)などは形容詞です。この3つを覚えておけばTOEICでは大丈夫です。

語句問題に関してはおすすめの勉強法というのはなく、公式問題集で語句問題を解きまくるか、もしくはTOEICで狙われる単語帳をやるかですね。単語の勉強方法で一番やってはいけないのが、机に向かって座ってやることです。単語帳ほど隙間時間を埋めてくれるものはないと思ってますので隙間時間を有効活用しましょう。
そもそも単語は単語単体で覚えるよりも、短文の中に盛り込んで覚えるのが一番頭に残ります。そのような構成になってる単語帳で100%外さない参考書を2冊紹介します!

¥1,650 (2023/04/28 17:32時点 | Amazon調べ)

この参考書はTOEICテストを開催しているETS(Educational Testing Service)が制作している公式のたんご単語帳です!中身は非常にシンプルで、TOEICテストで実際に出題された単語を実際に出題された短文に盛り込んであり、TOEICを受けるにあたってこの参考書を手に取らない手はないですね。

¥1,540 (2023/05/24 13:31時点 | Amazon調べ)

まとめ

今回はTOEIC Part5の解説をさせて頂きました。自分は一番最初に受けたTOEICの点数をいまだに覚えていますが、495点でした。必死に食らいつきましたが、時間も足りないし、やってらんねーって感じでした。文法、ボキャブラリーを勉強せずに過去問ばかりやっていても、出題パターンや時間配分などはわかってきますが、点数はいずれ頭打ちします(経験談)。やはりなんにでも当てはまる事ですが、基礎が一番大事ですね。急がば回れです!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました